読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は。

無職の日記

No.61 オリオン

家族と出かける用があったので、珍しく朝9時という早朝(俺にしては)に起床した。眠くてふらふらの状態で出発したんだが、なんと車の中では1度も寝ず、その日1日元気に遊び倒し、帰宅してからもずっとパソコンをいじり続けて、気づいたら午前4時半。朝の眠気はどこへ行ったのやら。昨日は眠りについたのが午前6時だから、3時間しか寝てないんだが。こんな風に異様なほど元気な日がたまにある。

 

博石館というところへ行ってきた。鉱石や石を加工する道具が展示されていたり、地下がちょっとした迷路になっているピラミッドなど、遊ぶところもある場所。迷路は、通路が2人分くらいの幅しかなくとても閉鎖的で、どこも変わり映えしない景色で現在地の推測が難しく、案外手ごわくて焦った。

展示室では、大きな岩の中に水晶があるのが面白かった。宝石が元々岩の中にあるのは当たり前の知識だけど、普段石のことなんか考えないので、いざ目の当たりにすると感動する。人の手ではなく、自然現象であんな綺麗なものが出来上がるってすごい。

 

俺はインターネットから受けた影響がとても大きい。もしかしたらネットがなかったら自殺してた可能性も考えられる。小学生の頃に日記の宿題があって、それに自殺のことを書いたら先生にむちゃくちゃ心配された。本当に死ぬ勇気は当時なかったけど、誰にも救われずに過ごしていたらどうなったか分からない。

 

人の歴史を遡ってみると、時代ごとに景色は違えど、人のやってること自体は変わってなくて、人であることのしがらみからは未だ逃れられていない。でも人は最初から人だったわけじゃなく、動物が進化した存在だし、動物もまた初めからあんなに大きな生き物ではなかった。とすると、人はいずれ別の何かに進化するはずだし、ネットはそれに関与できる可能性を秘めてるんじゃなかろうか、と、攻殻機動隊みたいな空想をする。

 

記事タイトルは、ちょうどorionという曲をyoutubeで聴いていたので。

youtu.be