留置場

無職の日記

No.59 ここまでブログを続けて

ブログを始めてから4か月も経っていた。時間がとても早い気がする。

軽い気持ちで始めたブログだが、なんだかんだでほぼ毎日更新してるし、これからもそうすると思うので、今回からタイトルに番号を振ることにする。いつの間にか習慣の一つになっていたことに自分で気づいていなかったので、これからはもっと自発的にやっていこうという意を込めて。

 

今まで58個も記事を書いてきたわけだが、どれも「やりたいことがない」だの「幸せになりたい」だの「生きるのが辛い」だの「俺は愛されていない」だのという取り留めのないものばかりで、自分でも呆れてくる。でも俺の目の前の現実ってのは本当にそんなものなんだ。何度も書いてることだが、することがマジでない。一応ゲームをやってるけど、ゲームを終えるときはいつも満たされなくて、虚しい気持ちになる。こういう生活が本音では好きなんだろうか。自分を疑ってしまうのも、仕方がないと思う。

 

今の俺の思想は、結局それに尽きる。ということで例の如く書きたいことがなくなった。また次回。