君の名は。

無職の日記

猿になる

悩むってのは結局ゴールのない言葉遊びなわけで、たくさん悩んだからって何かが成長することはない。

どれだけ知的に振舞おうとしても所詮は動物、うんこしたり、飯をくちゃくちゃ食ったり、発情したりする。

 

幼い頃は周りの視線など気にせず遊べたが、いつの間にか動物的に活動することに恥じらいを持ち始めていた。

空想の世界では完璧超人になれるからずっと空想世界にトリップしていたが、やっぱり現実世界で生きたいって少しは思う。そのためには自分が汚い動物な事実を受け入れなきゃいけない。

 

猿になりたい。

願わくば、少し賢い猿に。