留置場

普通の日記

小説・SS・フィクション

「こんにちは」 いい天気だったので、つい元気に挨拶をしてしまった。私が挨拶した相手は、花屋の前にある小人の置物。店の奥さんが驚いた顔で私を見ている。 「あ、すみません、これはその……いや、あんまりよく出来た置物だったんで魂があるように感じてし…

いつか止む音楽

私の家は貧乏だから、ペットは高くて買えなかった。本当は犬が飼いたかったんだけど、私はまだ子供でお金を稼げないし、仕方なく諦めていた。 だがある日のこと、ついに私はうちでも買えるほど値段の安いペットを見つけることができた。値札に書いてある金額…

シャトル

「あー、あー、聞こえますか? テステース、マイクテース、聞こえますかー? 応答願いまーす。どうぞー。 えー、これを聞いてる人へー、メッセージ。 うんこ! うんこを食べましょう。ふふっ。 うんこは大変健康に良いのです。2010年代の人たちは知らないで…